小麦ヌーヴォーについて

“とかち小麦ヌーヴォー”を通じて「育てる人・つくる人・食べる人」がつながり、対話を重ね、お互いの理解を深めることでそれぞれの立場を尊重したより良い「生産・製造流通・消費」の形を創ることを目的として活動しています。それは持続可能な農業や豊かな食文化を未来に継いでいくことにもつながります。

“とかち小麦ヌーヴォー”はこのような想いに少しでも共感いただけた方なら、どんな方でも参加できます。「あなたも“とかち小麦ヌーヴォー”でつながりませんか?」


Responsive image
Responsive image

“とかち小麦ヌーヴォー”は、畑で小麦を「育てる人」、パンやお菓子を「つくる人」、そしてそれらに感謝の気持ちを込めて「食べる人」、みんなが新小麦の収穫を共に祝い、共に味わうことで小麦が農産物であること、その年によって味や品質に違いがあること、そして小麦にも旬があるということを感じてもらいたいと思っています。


Responsive image
Responsive image

収穫したての「ヌーヴォー小麦を通じて、育てる人、つくる人、食べる人がつながり、ヌーヴォー小麦の美味しさを広める活動」です。育てる人とつくる人が出会って産地のことや小麦の生育を実際に感じ、一緒になってヌーヴォーパンをつくります。そして9月23日の解禁日に、全国のベーカリーでヌーヴォーパンが販売され食卓へ届きます。


Responsive image
Responsive image

「安心・安全」というキーワードを基に、北海道産小麦の安全性を伝えること、そしてパン屋さんと共に「より安全で健康なパン」を消費者の皆様へ提案していきます。

※ポストハーベスト不使用、燻蒸処理をしていない原料を使用しています


Responsive image
Responsive image

既存品種との組み合わせにより、世界に類のない味、香りを表現。
より美味しいパンがリテイルベーカリーの発展につながることを願って。

品種の多様化によって生まれた新品種を「第三世代小麦」と呼びます。新品種「ゆめちから」「はるきらり」「きたほなみ」の特徴を活かし、ブレンドすることで高品質で製パン性の高い小麦粉を目指しております。また、「第三世代小麦」は加工適正だけでなく生産地での栽培面も優れています。それによって安定的な小麦生産、そして安定供給を目指しています。


Responsive image
Responsive image

この3者のつながりに関わった多くの人たちそれぞれが何かを感じ、自ら主体的に行動に移しました。そこには自分のためだけではない、誰かのために何かをしたいという気持ちと尊重のあるつながりが自然と生まれました。そこには人と人のつながりだけでなく、自然とのつながりや社会とのつながりも生まれました。

このようなつながりがもっと広がっていけば、地域や社会はどんどん明るいものになっていく気がします。自分だけのためでなく、さらには自分が住んでいる“ここ”だけでなく、自分が生きている“今”だけでなく、ずっと先の未来の子どもたちの笑顔が溢れる世界のイメージを少しでも多くの人たちと共有して、無理なく、自然により良い方向に進んでいくことがとかち小麦ヌーヴォーの今後の方向性であり、目的です。1人だけでできる行動は本当に小さいです。でもどこまでも大きく“想う”ことはできます。その想いは人につながり、大きな行動へと広がっていきます。まずは1人1人が“想う”ことからで良いような気がします。まずは今まで同様、そして今まで以上に生産と製造流通と消費が向き合い、対話し、相互理解を深め、共に活動していくこと、そこから生まれる尊重のあるつながりを大きくしていく結果がみんなでよりよい社会に向かえる第一歩だと思っています。

大人だけでなく、これからを生きていく子どもたちも一緒に、さらに先の未来の子どもたちの世界を想って今年1年またできることを1つずつ考え、行動していきたいと思います。


とかち小麦ヌーヴォー 心得え

育てる人、つくる人、食べる人がお互いのつながりを大切にします

一、「育てる人」は求められる美味しい健全な小麦つくりに励みます

二、「つくる人」は育てる人の顔を想い浮かべてパンを作ります

三、「食べる人」は携わったすべての人たちに感謝をしていただきます


ごあいさつ

とかち小麦ヌーヴォー2017が始まります。

皆さんこんにちは。小麦ヌーヴォー委員会の遠藤です。
“とかち小麦ヌーヴォー”は今年4年目を迎えます。これまで“とかち小麦ヌーヴォー”を通じて生産者と製造流通と消費者が一体となって取り組んできました。昨年、十勝産小麦は生育期の天候不順や収穫時期の降雨により過去に無いほどの品質、収量の低下に見舞われました。そのため本来は原料小麦産地を十勝産での商品の出荷を予定しておりましたが、最低限の品質を確保出来ないと判断に至り、やむをえず一部原料小麦産地を北海道産へ変更し出荷をさせて頂きました。
ご参加店の皆様、各流通お取引様、そして消費者の皆様には多大なご理解を頂き誠にありがとうございました。 

とかち小麦ヌーヴォーでは、今後もその年に獲れた新小麦を味わってもらうことで小麦が農産物であること、その年の生産地の状況を伝えることで味や品質に違いがあること、そして小麦にも旬があるということを感じてもらいたいという生産地の想いを消費地に伝えていきたいと思っています。
昨年は小麦収穫時期の降雨により十勝産キタノカオリは穂発芽の影響により壊滅的な状態になりました。しかし「育てる人・つくる人・食べる人」がつながり、直接対話を重ね、相互理解を深めることで昨年キタノカオリを作付けしていただいた小麦生産者さんより「今年のキタノカオリは雨で全滅だったけど、求められているなら今年も作るよ」とほぼ全滅したのにも関わらず、キタノカオリの小麦生産者の皆さんは2017へ向けてすでにキタノカオリの種まきを終えています。とかち小麦ヌーヴォーは「育てる人・つくる人・食べる人」の架け橋となって「より良い生産・製造流通・消費」の形を創っていきたいと思っております。

そして、最近では北海道でも多くの小麦品種の栽培が行われております。小麦の多品種化により北海道産小麦の品質や加工適正は飛躍的に向上して参りました。私たち小麦ヌーヴォー委員会ではこの多品種化によって産まれた新品種を「第三世代小麦」と呼んでおります。
第三世代小麦とは従来の単品種による利用では無く、新品種「ゆめちから」「はるきらり」「きたほなみ」それぞれの小麦品種の特徴を活かし、ブレンドすることで高品質で製パン性の高い小麦粉を目指しております。またそのブレンドに既存品種の「キタノカオリ」や「ホクシン」が加わることでさらに可能性が広がります。
また、「第三世代小麦」は加工適性だけではなく生産地での栽培面も優れています。それによって安定的な小麦生産、そして安定供給を目指します。
また、今年は「安心・安全」というキーワードを基に、北海道産小麦の安全性を伝えること、そしてパン屋さんと共に「より安心で健康的なパン」を消費者の皆さまへ提案していきたいと思います。

最後に、今年もまたより多くの方に“とかち小麦ヌーヴォー”ご参加してほしいと願っております。

 

endo_prf.jpg

小麦ヌーヴォー委員会 遠藤

とかち小麦ヌーヴォー2017ロゴ

小麦ヌーヴォー実行委員会

〒082-0005
北海道河西郡芽室町東芽室基線15-8
アグリシステム株式会社
http://www.agrisystem.co.jp
TEL 0155-62-2887
FAX 0155-62-1599

komugi-nouveau@agrisystem.co.jp

お問い合わせ