小麦ヌーヴォー2018を終えて

今年も残すところあと僅かとなりました。皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

おかげさまで今年もたくさんの方々に支えられ「とかち小麦ヌーヴォー2018」を無事終えることができました。

委員会スタッフ共々心より感謝申し上げます。

 

さて、今年は昨年の豊作より一転し、不作年となりました。収穫量は品種にもよりますが約1~2割減となりました。不作年は品質も懸念されますが心配とはよそに、実需から聞こえてくる品質の評価としましては蛋白は高め、フォーリングナンバーは平年並み~やや高めだった影響もあり、パン屋さんからの製パン性に関する感想は5年間で1~2番目くらいに良い評価が多い結果となりました。また香りがとてもよかったという声もありました。

 

小麦ヌーヴォーは今年で5年目という節目を迎えました。年を重ねるごとに、「育てる人」「つくる人」「食べる人」をつなげていくという想いから始まったとかち小麦ヌーヴォー。今では年間80~100人を超えるパン屋さんが小麦畑を訪れるようになりました。今年は生産者と消費者との距離をより縮めたいという想いから、パン屋さんに架け橋となっていただき、関西でパン教室の先生をメインにより消費者との距離の近い方を対象としたトークセッション中心のセミナーを開催しました。そこには生産者とパン屋さんと消費者が一堂に会し、相互理解を深める対話を重ねました。こちらの取組みは経済活動としては大きな成果を得られるものではありません。しかし、未来に向けてより良い生産・製造流通・消費の形を創造し、豊かな食文化を形成していくという小麦ヌーヴォーのミッションを実現していく上では、とても重要な機会になったと大きな手ごたえを感じることができました。

 

現在、癌になる人は2人に1人、糖尿病予備軍は1000万人を超えます。そして多くの人がアトピーやアレルギーに苦しんでいます。ミネラル不足の食生活はこういった現代病だけでなく、精神疾患を増加させる原因にもなっています。豊かさを求め発展してきたはずのこの数十年での変化によってもたらされているもう一方の現実にも目を向けていく必要があります。「育てる人」「つくる人」「食べる人」すべての人たちが生活者でもあります。6年目以降の小麦ヌーヴォーでは小麦を通じて三位一体となってみんながより健康的で、より豊かになる取り組みへと発展させていきたいと思っております。今年から始めた「健康パン」という概念を今後はより広く普及していきます。

 

より安心安全な小麦の生産、より心と体が喜ぶような健康パンづくり、そしてそれらを支えていく消費者に対して生産や製造現場の理解と選択を深めていくこと、これらを課題としていきます。ヌーヴォー小麦を通じて「育てる人」「つくる人」「食べる人」が一体となって、たくさんの人たちの健康的な食生活の基盤を皆さんと築いていきたく思っております。

今後とも、とかち小麦ヌーヴォーをご支援、ご協力いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

 

小麦ヌーヴォー実行委員会

実行委員長 伊藤英拓


NEWS

小麦ヌーヴォー2018を終えて

2018年12月28日 - 小麦ヌーヴォー2018を終えて

スタンプラリー当選発表

2018年12月13日 - とかち小麦ヌーヴォー2018スタンプラリーの当選者の発表を致します。

2018解禁祭りのお知らせ

2018年9月19日 - 9月22日今年も解禁祭りを開催します!

とかち小麦ヌーヴォー2018の出荷について

2018年9月10日 - この度の9月6日(木)未明の「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う出荷の遅延についてのご連絡です。詳細はこちらをお読みください。

参加申し込み期間を延長します!

2018年7月20日 - 2018年度の参加店参加申し込みの期限を7月31日まで延長いたします。
とかち小麦ヌーヴォー2017ロゴ

小麦ヌーヴォー実行委員会

〒082-0005
北海道河西郡芽室町東芽室基線15-8
アグリシステム株式会社
http://www.agrisystem.co.jp
TEL 0155-62-2887
FAX 0155-62-1599

komugi-nouveau@agrisystem.co.jp

お問い合わせ